泌尿器科専門研修プログラム(専門医研修)

このページを印刷

泌尿器科専門研修プログラムイメージ

泌尿器科を目指す皆さんへ

泌尿器科専門研修プログラムの特徴

高度な専門・せんしんいりょうのみならず、地域医療にも対応できる幅広い総合的臨床能力を習得した泌尿器科専門医の育成を主目的として設計されたプログラムです、個々の専攻医のニーズに即して、また、卒後年数が進むにつれてフレキシビリティーが高まるよう、泌尿器科のサブスペシャルティ領域の研修が可能であるほか、ローテーションをカスタマイズすることもできます。

泌尿器科専攻医の到達目標

4年間の虎の門病院泌尿器科研修プログラムによる専門研修を通じ、

  1. 幅広い泌尿器科専門知識
  2. 錬磨された泌尿器科専門技能:診察・検査・診断・処置・手術
  3. 継続的な科学的探究心の涵養
  4. 高い倫理観と医療のプロフェッショナリズム

の4つのコアコンビテンシーからなる脂質を備えた泌尿器科専門医になることを目指します。

泌尿器科専門研修プログラム紹介

虎の門病院を研修基幹施設に、国立がん研究センター中央病院を加えた都市型診療拠点病院と地域中核病院である東京都東部(江戸川病院)、埼玉県東部(三愛会病院)、長野県(長野市民病院)の専門研修施設群の2群から構成されるほか、研修協力施設であるクリニックとも連携し、幅広い泌尿器科研修が可能です。

虎の門病院でのスケジュール例

泌尿器科専門研修プログラム

※注1:連携施設は下記「連携病院」の中から選択

連携病院

・社会福祉法人 仁生社 江戸川病院
・地方独立行政法人 長野市民病院
・医療法人 三愛会 三愛会総合病院
・国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院

PAGE TOP