内科専門研修プログラム(専門医研修)

このページを印刷

内科系専門研修プログラムイメージ

内科医を目指す皆さんへ

外科専門研修プログラムの特徴

将来の専門領域やキャリアパスの展望を踏まえ、卒後年数が進むにつれて、フレキシビリティーが高まるように設計されたプログラムです。内科専門医としての資格要件を満たすことを最優先とし、個々の専攻医のニーズに即した研修が可能となるように、ローテーションをカスタマイズできるように設計されています。

内科専攻医の到達目標

内科医に求められる基本的治療能力・態度・資質を診療現場で習得します。さらに、日本内科学会を定める「内科専門研修カリキュラム」にもとづいた、内科専門医に求められる知識・技能の習得目標を、3か月ごとのローテーションにより計画的に達成することを目指します。

内科専門研修プログラム紹介

港区・目黒区・川崎市高津区と連なる城南・川崎地域の施設群において内科専門研修を実施し、希望者は、国立がん研究センター中央病院およびがん研究会有明病院における臨床研修をする事も可能です。連携施設は、上記の2施設以外に虎の門病院分院と三宿病院となります。

虎の門病院本院スケジュール例

虎の門病院分院スケジュール例

※注1:連携施設は下記「連携病院」の中から選択
連携病院

・国家公務員共済組合連合会 虎の門病院分院
・国立研究開発法人 国立がんセンター中央病院
・国家公務員共済組合連合会 三宿病院
・公益財団法人 がん研究会附属有明病院

PAGE TOP