病理専門研修プログラム(専門医研修)

このページを印刷

病理診断科専門研修プログラムイメージ

病理医を目指す皆さんへ

病理専門研修プログラムの特徴

病理診断科の専門研修プログラムでは、豊富な症例を経験することにより、安定して確実な診断を行える技能を習得できます。指導医が少人数の専攻医を指導することで、専攻医の技能習得状況を正確に把握しながら、適切な症例数を偏りのない内容で提供することが可能であり、各専攻医を即戦力になりうる病理専門医に、確実に育てることを目指しています。

病理専攻医の到達目標

専門的な病理診断技能のみならず臨床検査技師や臨床医との連携や難解症例の扱いを経験することにより、地域基幹病院で即戦力として活躍することが期待されます。常に研究心・向上心をもって自己学習を続けるとともに、自己を正しく認識し、対象がその限界を超えると判断した際は、速やかに指導医や専門家の助言を求める判断力が要求されます。

病理専門研修プログラム紹介

虎の門病院分院に在籍して病理診断と解剖をしながら、臨床の現場に密着した研究も行うことができます。虎の門病院本院では、虎の門病院分院の生検・細胞診・手術検体を本院で併せて取り扱っており、病理解剖を含めて一体的に運用しています。

泌尿器科病理診断科専門研修プログラム
週間予定表
連携病院

・国家公務員共済組合連合会 虎の門病院分院
・社会福祉法人 同愛記念病院財団 同愛記念病院
・独立行政法人 地域医療機能推進機構 東京新宿メディカルセンター

PAGE TOP