うなじ・襟足脱毛ができるおすすめ医療クリニックとサロンまとめ

ショートヘアーやおだんごヘアー、ポニーテールなど女性のヘアスタイルによっても目立つうなじ・襟足のムダ毛!

男性に聞く女性の好きな部位でも結構上位にくる場所ではないでしょうか。

しかし、あまり自分では見えない場所なので確認できず、髪の毛を結んだ時などに思っていたより生えていることがあります。

自分では見えにくいので処理も難しいですよね。そんなうなじ・襟足ムダ毛ケアについて詳しくお話していきます。

おすすめのサロン・クリニックも紹介していますので、ぜひ参考にしてください

うなじ・襟足って同じ部分?

うなじと襟足

うなじ

うなじ=首の後ろの部分 首筋のことを表わします。

語源については、「うな」とは首(首の後ろ)を意味し、「じ」は「しり(尻)」という意味で、合わせてうなじと呼ばれるようになりました。

「うなずく(頷く)」「うなだれる(項垂れる)」という言葉もうなじが由来であると言われている。

襟足

襟足=首の後ろ側の髪の生え際のことを表わします。

女性の場合、襟足んp毛は上に向かって生えていることが多いです。

うなじと襟足の脱毛範囲の違い

定義としては上記で説明した通り、うなじ・襟足は別物です。

しかし脱毛サロンやクリニックでは「うなじ」や「襟足」を同じ範囲としているところも多くあります。

うなじ脱毛または襟足脱毛として、1つの脱毛コースにまとめていたり、中にはうなじ・襟足でパーツを2つに分けて別で料金設定をしていたり、コース名は同じでも実際の脱毛範囲が少しづつ違ったりなど各サロン・クリニックによって脱毛範囲が異なります。

最初の無料カウンセリングでスタッフや医師にしっかり聞くようにしましょう。

綺麗なうなじ・襟足の形とは?

うなじ・襟足のデザイン

うなじ・襟足の形には上記イメージのように大きく分けて4つ

  • ぱっつんと切りそろえた形
  • U型
  • W型
  • WM型

があります。

ぱっつんと切りそろえた形

後ろから見ると肩のラインに水平になっているストレート型のうなじ。

お団子ヘアーなどのアップスタイルの際にすっきりした印象を与えれることもあり、人気の形みたいです。

最近ではショートボブが流行っているのもあり、うなじ・襟足を気にしてみているとぱっつり切りそろっている人が多く見られます。

U型

写真で見てもわかるように真後ろから見たときに、左右から中心に向かってUの字のラインを描く形です。他のうなじの形に比べると少し子どもっぽい印象かもしれません。

W型

もともとの女性のうなじの形で一番多いのがこのW型ではないでしょうか。

W型を綺麗に整えることで、首を細く綺麗に見せることができます。お手入れしましたという感じがなく、自然に美しいうなじになります。

浴衣や着物をよく着られる方にも人気の形です。

WM型

その名の通り、WとMを組み合わせた形です。首を長く見せてくれる効果があるみたいですよ!

舞子さんを思い出してもらうとなんとなく「あ~!!」となると思います。舞妓さんはこの形に沿っておしろいを塗ってるんですね。

とても綺麗に見えるので人気があります。

電車やバスに乗っている時に前にいる人のうなじってどうしても目に入りますよね。普段は髪を下ろしているヘアスタイルでも髪の毛をアップした時には意外と視線を集めてしまう部位です。後ろから見ても清潔感があり、美意識が高い印象を与えることできますよ。

自分では処理しにくい部分だからこそサロンやクリニックでの脱毛通いをおすすめします。

うなじ・襟足の自己処理は危険?

カミソリや除毛クリーム、ワックスなどの自己処理はどうしてもお肌を傷つけてしまいます。

処理した部分がヒリヒリしたり、赤くかぶれてしまったり肌トラブルの原因になってしまいます。

どうしても自己処理をする場合は電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーは、肌に直接刃を滑らせるカミソリと違って、電気で動く力を利用して根元から毛をカットする電気シェーバーは、肌に直に刃が当たりません。

その為、間違って出血してしまうような切り傷はもちろん、小さな肌ダメージも起こりませんので、お肌の乾燥・黒ずみ・色素沈着を防ぐことが出来ます。

失敗しやすい

うなじ・襟足は自分で見えない部位ですので、誰かに手伝ってもらうか、三面鏡などの合わせ鏡を使って自己処理するしか方法がないですよね。

髪の毛を一緒に処理してしまったり、変な形になったり、見えない分怪我をしてしまうリスクも高くなります。

自己処理される際はできるだけ部位がしっかり見えるように三面鏡の前、または家族の方などに剃ってもらうようにしましょう。

うなじ・襟足脱毛おすすめは光(フラッシュ)脱毛or医療レーザー脱毛?

うなじ・襟足を光(フラッシュ)脱毛した場合にかかる回数・効果・費用

回数:12~16回程度

費用:30,000円前後

効果:産毛が多いので効果実感までには期間・回数がかかる

うなじ・襟足を医療レーザー脱毛した場合にかかる回数・効果・費用

回数:5回~8回程度

費用:60,000円前後

効果:サロンに比べ値段も高いのですが、回数も少なく確実に脱毛効果を得られます。

もちろん、毛量や毛質で個人差があるのであくまでもおよその回数や値段です。

脇やヒジ下・ヒザ下のように脱毛効果が現れやすい部位ではないので、サロン脱毛される際は特に回数を重ねなければ満足のいく脱毛効果を得られない場合もあります。

うなじ・襟足脱毛の痛みは?

痛みに関しても、うなじと襟足の部位によってや、光脱毛と医療レーザー脱毛で大きく違います。

サロンで行われている光脱毛の場合は、ほとんど痛みは感じないです。

よく痛みの例えで「パチンと輪ゴムで弾かれたような痛み」と言われますが、うなじ・襟足の部分ではそこまでの痛みを感じない方が多いようです。

クリニックで行われている医療レーザー脱毛は痛みが伴うということに関しては皆さんご存知だと思いますが、うなじ・襟足部分に関してはその中でもまだ痛みを感じにくい部位ではありますので、少し我慢さえできれば全然施術を受けられるレベルの痛さです。

いろいろな口コミ情報を見ていても、「痛くなかった」という感想が比較的多かったです。

実際にサロンでうなじ・襟足脱毛を受けたnanairoスタッフの話でも痛みは感じなかったみたです。

ただし、髪の毛の生え際に近い襟足の部分の方が、うなじに比べると痛みを強めに感じる方が多いみたいですね。

痛みに関しても感じ方には個人差があるので、はっきりとは言えないですが、比較的痛みにの少ない部位という認識をされるといいでしょう。

日焼けには気を付けて

うなじ・襟足も普段から露出が多い部分ですよね。

特に髪の毛が短いショートヘアの方や普段からアップにしている方、夏場のシーズンなどは暑さのあまりついつい髪の毛を結んでしまって気づいたら、首が真っ赤なんてこと経験ないですか?

ほとんどのサロンやクリニックでは日焼けをした肌では施術を受けることができませんのでうなじ・襟足脱毛をする、している際は紫外線が当たらないように普段からUVケアをしっかり行ってください。

うなじ・襟足脱毛おすすめは光脱毛or医療レーザー脱毛?

光脱毛がおすすめな人

  • 時間がかかってもいいからリーズナブルな料金ですませたい
  • 痛みが苦手

医療レーザー脱毛がおすすめな人

  • 短期間で脱毛効果を得たい人
  • 医療機関で安心して施術を受けたい

個人によって求めているニーズも違ってくると思うので、費用・回数・期間・痛みなど自分に合ったところで脱毛されるといいでしょう。

うなじ・襟足脱毛におすすめサロン・クリニック紹介

ミュゼ

襟足無料シェービング8回18,000円
ジェイエステティック

うなじ無料シェービング8回14,400円
脱毛ラボ

うなじシェービング代発生8回31,840円
銀座カラー

うなじ無料シェービング8回14,070円
エピレ

首うしろ

(えり足含む)

無料シェービング8回33,200円
ディオーネ

襟足無料シェービング6回18,000円
ラココ

ラココ 襟足うなじ

えりあし+うなじ無料シェービング8回48,000円

※24,000×2ヶ所

うなじ・襟足は事前処理がしにくい部分ですので、ほとんどのサロンで無料シェービングサービスを受けられます。

エピレでは、ご自身でシェーバーを持参すれば行ってくれる場合もありますが基本的にシェービングサービスを行っていません。

また、脱毛ラボでは、無料シェービングサービスはないのですが、スタッフの方が基本1回1,000円で有料でシェービングをしてくれます。回数が重なると結構な負担金額になりますよね。

サロン脱毛では出来る範囲は自分で事前処理していくのが基本的にルールです。

その上で成り立っているシェービングサービス無料という対応なので、あまりにもひどい状態のままで事前処理が不十分な場合は有料にされることもあります。

事前処理の方法などはスタッフに相談するなどして、できるだけ自分で処理できるようにしましょう。

うなじ・襟足脱毛におすすめサロンは?

サロン8回の料金

(ディオーネのみ6回)

1回あたりの料金シェービングサービス
ミュゼ18,000円2250円
ジェイエステティック14,400円1,800円
脱毛ラボ31,840円3,980円×
銀座カラー14,070円約1,760円
エピレ33,200円4,150円×
ディオーネ18,000円2,250円
ラココ48,000円6,000円

安くうなじ・襟足脱毛されたい方におすすめのサロンは

各サロンの1回あたりの施術料金を比較してみると、銀座カラーが最安値でうなじ・襟足脱毛ができることが分かりましたね。

ただし、サロンの光脱毛の場合8回でうなじ・襟足脱毛が完了するのは少し厳しそうなのでもう少し回数と料金はかかってきてしまうでしょう。

各クリニックうなじ・襟足脱毛料金紹介!シェービングは無料?

リゼクリニック

リゼうなじ

うなじ無料シェービング5回39,800円
アリシアクリニック

アリシア襟足

えりあし無料シェービング5回27,500円
湘南美容外科クリニック

湘南うなじ

うなじ1部位500円6回28,750円
聖心美容クリニック

うなじ無料シェービング5回43,000円
レヴィーガクリニック
うなじ無料シェービング5回200,000円
椿クリニック

椿うなじ

うなじ無料シェービング5回23,000円

うなじ・襟足脱毛におすすめクリニックは?

クリニック5回の料金(湘南美容のみ6回)1回あたりの料金シェービングサービス
リゼクリニック39,800円7,960円
アリシアクリニッ27,500円5,500円
湘南美容外科クリニック28,750円4,790円500円
聖心美容クリニック43,000円8,600円
レヴィーガクリニック200,000円40,000円
椿クリニック23,000円4,600円

クリニックの料金を比較すると、椿クリニックのうなじ脱毛が最も安い料金で受けることができるというおとがわかりました。

椿クリニックの医療レーザー脱毛は、痛みの少ないソプラノの呼ばれる脱毛器を使っています。

このソプラノという機械は毛根ではなく、毛包という部分にアプローチをして脱毛をします。毛包は毛根よりも皮膚の表面に近いところにあるので、そこまで強いレーザーを当てる必要がありません。

そのため弱い力でも脱毛の効果を実感でき、痛みもじんわりと温かい熱を感じる程度で済むんです。

実際に私も椿クリニックで違う部位を脱毛しているのですが「これが医療レーザー脱毛?」と思うくらい本当に痛みが少なく施術を受けています。

しかし、大阪に1店舗、東京に3店舗と店院数が少ないので少し通える方が限られてしまうのがデメリットでもあります。

その点では、椿クリニックと料金の差があまりなく、全国に58点院ある湘南美容外科クリニックの方が通いやすい面と料金の両方から考えるとおすすめですかね。

うなじ(襟足)+背中のセットコースがあるサロン・クリニック

上記で説明させてもらったようにうなじ・襟足の範囲は洋服を着た時にでている部分になります。

もともと毛量が多く背中のムダ毛との境目が気になる方は背中とうなじ(襟足)をセットで脱毛するのがおすすめ。

水着や、浴衣、背中の空いたドレス、特に髪の毛をアップにし、背中が大きく空いたウェディングドレスを着用する際などは要注意なんです!

例えば、うなじ・襟足部分だけ脱毛した場合、脱毛していない背中の部分に境目ができてしまい余計に背中のムダ毛が目立ってしまったり、見栄えがよくありません。

逆に背中脱毛はしたが、「うなじ・襟足」は脱毛していない方!背中を出すということは当然うなじも見えていることがほとんどです。背中をつるつるにしてもうなじがノータッチだとまたこれも後ろ不細工に…

せっかくの晴れ舞台や、お洒落をしているのに後姿が…ってなってしまうと残念すぎますよね。

そうならない為にも背中とうなじ(襟足)をセットで脱毛するのがおすすめです。

うなじ(襟足)+背中のセットコースがあるサロン・クリニック

ジェイエステティック

ジェイエステティックうなじ背中

後ろ姿美人ププラン

背中4回+うなじ4回18,000円

両ワキ脱毛12回コースプレゼント

聖心美容クリニック

聖心美容産毛セット

産毛セット(うなじ+背中)

5回84,000円
アリシアクリニック

背中+えりあし脱毛セット

5回103,200円
8回154,800円
脱毛し放題198,180円

うなじ・襟足+背中の範囲がセットになったコースがあるのは上記サロン・クリニックだけでした。

好きな部位をチョイスできるコース(パーツごとなどで選択)でしたら他サロン・クリニックでもありました。

まとめ

うなじ・襟足のムダ毛についてお話しましたがいかがでしたでしょうか。

意外と人から見えてしまう部分なんですね。

他の部位のムダ毛ケアをしてるからこそ、逆に目立ってしまったりもするので、どんな時でも自分の好きな服を自信持って着れるようにうなじ・襟足脱毛をおすすめします。

自己処理が難しい部分だからこそプロに任せれば、失敗無く、うなじ・襟足を希望の形に綺麗に整える事が出来ますよ。

タイトルとURLをコピーしました