臨床研修病院としての役割・理念・基本方針

このページを印刷

臨床研修病院としての役割

港区における中核病院として質の高い医療を周辺住民に提供するとともに、広く社会の医療福祉に貢献できる人材を育成します。

研修理念

医学への精進と貢献、病者への献身と奉仕を旨とし、その時代時代になしうる最良の医療を提供することを目標に、医師としての基本的素養を習得する。

基本方針

当院で研修する全ての医師に対して、国の定めた方針に則った医師臨床研修が提供される。さらに、多様な将来像を持つ個々の研修医に対して、そのキャリアの基礎作りと発展のための支援が行われる。

  1. 研修には、協力型臨床研修病院・施設を含むすべての病院職員が参加する。
  2. 医療安全と指導体制を充実させ、研修条件の改善に努め、研修の効果を高める。
  3. 行動目標・経験目標の達成状況を把握し、研修目標を完遂させるべく形成的評価に基づき指導する。
  4. 研修医の医療行為は、基本的に指導医が指導・監督する。
  5. 第三者による評価を受け、検証を行うことにより、臨床研修病院としての更なる質の向上に努める。

研修目標

富士山のように裾野が広く、高い専門性を持った臨床医を育てる。

PAGE TOP