シミュレーション・ラボセンター

このページを印刷

シミュレーション・ラボセンターとは

シミュレーション・ラボセンター

国家公務員共済組合連合会に所属する病院の共済医学会共同事業として設立されたシミュレーション・ラボセンター。現在、虎の門病院分院にある本施設は、医療の質と安全の向上を目的にし設立された研修センターです。初歩的医療技術はもちろん、救命蘇生法や新しい技術の実践的研修を通じ、すべての医療従事者の危険性を回避します。

シミュレーションラボセンターの目的

  1. 新人の医師、看護師、その他コメディカルの医療の質の向上・安全管理のための研修及び各種シミュレーターによる研修
  2. 既に職についているあらゆる職種の医療従事者、シミュレーターによる研修
  3. 患者さん、家族、一般人、学生への消防との連携を持った心臓マッサージ等のシミュレーターによる研修
  4. 新しい技術を取得するため、シミュレーターによる研修
  5. 今までに生じた医療事故より学ぶため、様々な事例をシミュレーションした研修
  6. 病院のリスクマネージャー教育、指導者の研修及び情報交換

シミュレーションラボセンター研修プログラム一例

アナフィラキシーショック対応研修・気管挿管・CV穿刺・腰椎穿刺内視鏡・鏡視下手術・JMEC・ACLS・ICLS・BLS講習会など

PAGE TOP